猫姫の逆襲 パッチギ! 今年の166本目
Top | RSS | Admin


スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | この記事のURL | Admin↑ | Top↑
パッチギ! 今年の166本目 | movie は行
 
井筒のおっちゃん、、、
 
おっちゃんは世界一の監督や!
 
なんも言うことあらへん。 満点の映画や!
 
これからもええ映画、作り続けてや!
 
順番で言うたら、この前にもう1本あんにゃケド、
もう、書かんといられへんね。
 
スポンサーサイト
【2005/08/07 22:22】   | コメント(10) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑
<<パッチギ! 今年の166本目 その2 | Top | お尋ねします!>>
コメント
未だかつてこれほど泣いた映画はありません!
いや~、感動した~。最後の希望に満ちた終わり方がまた良かった。
そして、フォークルは最高だ!!とあらためて思いました。
【2005/08/07 23:10】 URL | ルーシー [ 編集] | page top↑

============================================================

ルーシーさま、
おおきに~!!
【2005/08/07 23:39】 URL | 猫姫 [ 編集] | page top↑

============================================================

黒猫さん、おはようさん^^
その気持ち、ようわかりまっせ!
って、黒猫さんは京都どしたんやねぇ(笑)?!
・・・しらんかった・・・。
【2005/08/08 08:43】 URL | cyaz [ 編集] | page top↑

============================================================

cyaz さま、
ありがとうございます!
井筒さん、大好き!
うち、京女どすえ~!
【2005/08/08 10:23】 URL | 猫姫 [ 編集] | page top↑

============================================================

TBありがとうございました。
私も2回書いたので、それぞれにTBさせていただきました。
「イムジン河」のメロディに乗って3つのエピソードが
同時進行して行くところは映画的至福でした。
【2005/08/08 12:02】 URL | えい [ 編集] | page top↑

============================================================

えい さま、
いらっしゃいませ、ありがとうございます!
それでも最後、見事にまとまりましたね!
【2005/08/08 13:10】 URL | 猫姫 [ 編集] | page top↑

============================================================

凄い面白そうですね(^。-)-☆
(^O^)/早速見てみます。
ワクo(∂。∂*o)(o*∂。∂)oワク
【2005/08/09 00:18】 URL | Jsakuraoka [ 編集] | page top↑

============================================================

Jsakuraokaさま、
言っておきますケド、
全編関西弁ですから。
【2005/08/09 00:53】 URL | 猫姫 [ 編集] | page top↑

============================================================

---『パッチギ!』とはまた不思議なタイトルだにゃ。
これは井筒監督の映画だよね。
「うん、もうこれは彼の最高傑作。
68年に生きた若者の青春を
現代にまで影を落としている朝鮮問題と絡めて描き、
娯楽性と社会性がみごとなまでに融和。
<これぞ映画>って感じだね
Jsakuraokaさま、
言っておきますケド、
全編関西弁ですから。
【1970/01/01 09:00】 URL | 名無しさん猫姫大好き [ 編集] | page top↑

============================================================

あれっ、『カナリア』は行かなかったの?
「うん。急にインタビューの仕事が入って
もう一度「パッチギ!」を観ておいた方が
いいだろうということになったんだ。
この映画は一回紹介してるので、
改めて喋るのは止めるけど、
こんどはディテールまでじっくり観た。

Jsakuraokaさま、
言っておきますケド、
全編関西弁ですから。
【1970/01/01 09:00】 URL | 名無しさん猫姫大好き [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。