猫姫の逆襲 透明人間と蠅男 今年の161本目
Top | RSS | Admin


スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | この記事のURL | Admin↑ | Top↑
透明人間と蠅男 今年の161本目 | movie た行
 
1957年、大映。 モノクロ。
 
この頃の映画事情っていうのがわからないから、なんでこんなのを作ったのか、理解不能。
要するに、悪者蠅男対良い者透明人間の対決です。
 
見ないでしょ?こんなの。だから、書くケド、
蠅男っていっても、蠅に変身するんじゃなくって、小さくなるだけなの。ドラちゃんの、細胞縮小機。
で、空を飛ぶんだケド、これは、軽いので、風に舞うということみたい。
なのに、蠅が飛ぶ音がするの、、、
縮小するには、アンプルを割って、中の薬品を使用しますが、飲まないで床にまくだけ。
そうすると煙が出て、小さくなってしまいます。衣服共々、、
でも、その煙をかぶった、他のモノは、小さくなりません。
この薬品には、依存性があって、おまけに凶暴になってしまいます。
そしてそして、この蠅男がナント、中条静夫 さん。 うぇぇ、、、
小さくなって風に舞い、標的に近づいて元に戻り、ナイフで背中からぐさっと、
そしてまた小さくなって、蠅のような音とともに、風に舞って去ってゆく。
この殺人鬼蠅男に対するのが、正義の味方透明人間です。
どうして透明なのか、、、
透明なんじゃなくって、不可視なの。
宇宙船の研究中、偶然発見された不可視光線。これを照射したモノは、見えなくなります。
ただし、太陽光に当たりすぎた手と顔は、透明にならないので、布をかぶります。
 
ぁ~、、書いてて、イヤになってきた、、、
 
殺されちゃう刑事役の人、思いっきりへた。
殺されちゃう踊り子の人、すっごくセクシー。
 
蠅男は、透明光線発生器を盗みに入って、死にますが、その黒幕が自ら蠅男になって、
透明光線発生器を狙います。
最後は、透明美女の活躍で、ちょっとおしゃれな(?)ハッピーエンドでした。
 
この映画の対象年齢って、、いくつなのかなぁ、、、たぶん、少年、小学校男子だと思うんだケド、
それにしては、ちょっとエッチ??
 
スポンサーサイト
【2005/08/04 03:11】   | コメント(2) | この記事のURL | Admin↑ | Top↑
<<見て見て! | Top | 男だったぁら~>>
コメント
むふふ
見てみるかな・・・・
【2005/08/05 04:19】 URL | はぁは先生 [ 編集] | page top↑

============================================================

はぁは先生さま、
自己責任で、、、
でも、レンタルビデオって、あるのかなぁ、、、
ぁ、これね、以前のスカパー。
【2005/08/05 09:51】 URL | 猫姫 [ 編集] | page top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。